条約港の開港

横浜は日本が政策を立てた江戸時代末期の小さな漁村だった
外国人との接触が少ない国家孤立政策。 日本の歴史の大きな転換期が

横浜はすぐに日本の対外貿易の拠点となりました。 外国人は当初、カナナイと呼ばれる街の低層部を占領した。
住居地区は後に拡大し町を見下ろす高山山地区の多くを取り入れ、一般的に英語圏の住民がザ・ブラフと呼んだ。

横浜での英国の商業と外交の利益を守るため、軍備駐屯地が設立された。貿易の拡大に伴い
中国にも多くの人が集まるようになった。横浜は西洋ファッションの受け入れ拡大など、 写真

月に関東大震災によって横浜の多くが破壊された。 横浜警察は死者と負傷者の死傷者を報告し、
住居地区は後に拡大し、町を見下ろす高山山地区の多くを取り入れ、一般的に英語圏の住民がザ・ブラフと呼んだ。

占領後、ほとんどの地方の米国海軍活動は、横須賀の近くの横浜からアメリカの基地に移った。
町を見下ろす高山山地区の多くを取り入れ一般的に英語圏の住民がザ・ブラフと呼んだ。